Prime RP-50 Continental(コンチネンタル) SPRINTER スプリンター チューブラータイヤ

Prime RP-50カーボンチューブラーホイールに交換して4ヶ月、2300キロ走ったインプレ

Pocket

結論から言うとまったく問題無し。上の写真のようにブレーキシューの当たるリムの部分も綺麗ですし、やわやわの純正ブレーキシューも思いのほか減ってませんので、まだまだ使えそうです。

いつものトレーニングはもちろんレースやヤビツ峠、椿ライン、都民の森のダウンヒルなど普段履きでわりと過酷した使い方をしていると思います。
雨での走行は一度だけです。噂通り濡れたカーボンリムはまったくブレーキが効きませんので早目のブレーキングでリムに付着した水分を飛ばしながら減速するようです。

最近、仲間に言われて気が付いたのですがダンシング時に若干リアのブレーキシューにリムが当たっているかもしれません。
自分はわりと左右に振るダンシングなのでブレーキシューとリムの隙間は少し広めのが良いかもです。たしかコンタドールもヒルクライム区間に入るときブレーキシューの隙間を広げた映像を観たことありますので、ダンシングやホイールの種類によっては擦るようです。

フリーのラチェット音はどんどん大きくなりますので一度だけグリスアップを行いました。
アーレンキーで迷うことなく簡単に取り外せますが出荷時にはあまりグリスは塗られていないようで、グリスアップ(FINISH LINEケミカル セラミック グリス)するとラチェット音が静かになり回転が非常にスムーズになります。

チューブラータイヤについて価格と性能バランス、それと重要なバルブコアの取り外しが可能な製品はContinental SPRINTER (コンチネンタル スプリンター) 28×25mmくらいしか選択肢がありません。チューブ込みで5,000円台なので同性能のクリンチャーよりお得かもですが接着用のリムテープも必要になりますので、トントンといったところです。
下の写真は2300キロ使用したものですが接地面がだいぶ平らになってきました。所々にガラスが刺さった形跡がありますがパンクはしていません。

Prime RP-50 Continental(コンチネンタル) SPRINTER スプリンター チューブラータイヤ

そろそろ交換ですかね。

⇒Prime RP-50カーボンチューブラーホイールのタイヤを交換してみた

⇒Prime RP-50カーボンチューブラーホイールのインプレです

返信を残す