CANNONDALE SAVE シートポスト 25.4mm

CANNONDALE SAVE シートポスト 25.4mm

Pocket

シートポストの太さは一般的に31.8mmか27.2mmですがCAAD12はアルミ製の25.4mmという細いサイズのもを標準装備しています。
振動吸収性を良くする為このサイズになっているようですが、カーボン製に交換しようとすると互換性が無く選択肢がありません。
CANNONDALEから販売されているSAVE シートポストはとても評判がよいのですが、20,000円弱というお高いのが難点です。
特徴は上部のサドル付近になると形状が扁平し薄くなっており、いかにも振動を吸収しますよ!という形になっています。また、正面から見ると幅が25.4mmより広くなっていますので「SAVE」の刻印の「S」くらいから物理的に入りにくくなります。2016年モデルのCAAD12はトップチューブのスローピングがほぼ無いのにシートポストをある程度出さないといけないませんので脚の短い方は少々厳しめです。。2017年モデルのCAAD12は多少スローピングがついているようですが、見た感じよくわかりませんね。下部の金属の部品はDi2のバッテリーを付けるためのパーツらしいです。
乗り心地については、すぐにこのシートポストに交換してしまった為にアルミ製との違いはよくわかりませんが、上から体重をかけサドルをグイっと押し付けると若干しなりますのでロングライド時には疲れが軽減出来てそうです。
ノーマルのアルミ製より当然軽く、見た目も高級感がありますので満足のいくパーツの一つです。

返信を残す