2018年 ツール・ド・ニッポン 9極の耐9 in 筑波サーキット 100キロチャレンジに出場しました

2018年 ツール・ド・ニッポン 9極の耐9 in 筑波サーキット 100キロチャレンジに出場しました
Pocket

Advertisement

去年は9時間耐久を4人チームで出場しましたが、控え選手用の場所取り合戦に疲れ果て午後からスタートする100キロ(49周)を1人で走るカテゴリーに参加しました。
13時からのスタートなので早朝に家を出る必要はなく、レース中に休憩でピットインする予定がなければ場所を確保する必要もありません。
また、9時間耐久よりも1時間ほど早く終わるので帰りの駐車場でゴタゴタすることもなく近くの温泉施設も空いてるという実にいいことずくめなのです。
ただし1人で3時間程度走ることになりますので、レース前の食事の取り方や補給食、走行ペースを考えないと完走出来ない恐れがあります。

ツール・ド・ニッポン 9極の耐9 in 筑波サーキット

週間天気予報は雨とのことでしたが当日は曇りで風も弱くレースには最適でした。
会場は例年通り盛り上がっておりました。皆さん汗と水浴びでビショビショ、ひとり1皿のスイカは売れ行きが悪いのかたたき売り状態の食べ放題。この非日常な雰囲気がたまらんのです。

12時過ぎから試走を行い10キロほど走りエンジンを温めます。13時のスタート時には心拍130。。平常時が60弱なのでどんだけ緊張してんねーん。
フォーメーションラップを終えていよいよスタート。
先頭集団はいっきに速度が上がり消え去っていきます。いつかは涼しい顔してあの集団に入りたい~。
周回遅れになったタイミングで後ろからくる先頭集団に入ったのですが巡航速度50キロ弱。。
心拍は一気にレッドゾーンです、このペースで3時間なんて走れるわけないので早々に千切られ元の集団に合流。悲しい。

ツール・ド・ニッポン 9極の耐9 in 筑波サーキット

500mlの水を2本装備したのですが残り10キロで無くなり脚も全体的に痙攣し始めボロボロになりながらゴーール。
タイムは2時間52分と3時間切ったので良しとしましょう。。来年は先頭集団に入れるように頑張るぞ!

【youtube】
電池が無くなるまでの中途半端な時間ですが、よかったらご覧ください。

レースカテゴリの最新記事