Zwift(ズイフト)初心者ですが久しぶりにやってみました

Zwift(ズイフト)初心者ですが久しぶりにやってみました
ズイフト
Pocket

Advertisement

以前、↓の記事のようにズイフトを準備して実際にやってみたのですが、結局2~3回で飽きてしまい続きませんでした。。
⇒ズイフト準備編

Zwiftをソッコーで飽きた理由

ズイフトを起動するとant+でスピードセンサーとケインスセンサーを認識してローラー台の種類を選ぶのですが、自分が持っているのは昔のミノウラの固定ローラーで選択画面に入っていません。なので適当に似ているローラー台を選びました。
負荷装置は手動で変更するタイプなのですが、これを何段目にしてよいのかわからずでZiftをプレイしても速度、ワットが正確かどうか曖昧で実走感が無かったのが原因だと思います。

パワーメーター導入後

パワーメーター導入後スピードセンサーからパワーメーター基準となりローラー台選択画面が無くなりました。パワー、体重、ケイデンスから速度を算出しているよです。負荷は自分で決めないといけませんが、自分にとってパワーとケイデンスのバランスがよい2段目にしました。
この方式になって画面に表示される数値の信頼性が出てきました。

ハマりそうな理由

ゲーム画面のガレージでフレーム、ホイールを走行で獲得したポイントで購入出来るのですが、なんとCAAD12を発見!しかも同じ色。ぜんぜんポイントが足らないのですが是非欲しい。。その後はホイールも交換したい!ぶっちゃけ交換したからって自己満足以外に何もないのですがモチベーションアップには効果ありです。
※まだゲームをよく把握してないので他にも楽しめそうなことはありそうです。

実走よりキツい

ズイフト

ゲーム内は英語ばっかでよくわからないのですが適当にレースに参加しました。クラスはDランクなので一番下なのですがスゲーキツかった!!

●扇風機が必須すぎる
とくに準備せずに参加したら凄いペースだった。。170W(FTP180Wではあるが、、)で距離50キロ。無風なため汗が滝のように流れてきて目に入るし床はベチャベチャだし20分くらい走って断念。。業務用のオレンジ色の扇風機が必要ですわ。。

●惰性で進む効果があまりない
パワーで速度を算出しているためか脚を止めると0Wになるのですぐに速度が落ちてしまいます。実際のレース(ヒルクライム以外)だと集団内にいればスリップストリーム効果で休めるときもあるのですがZwift(ズイフト)は漕ぎ続けないといけないので凄い疲れる。でもトレーニングには良いかも。

●違和感
ハンドル、車体が固定なので違和感あります。固定ローラーなので当たり前なのですが自転車に乗っている感じがしない。3本ローラーだと解消されそうですがゲーム中に連動したスマホを操作したりドリンク飲んだりするので落車しそうなんですよね。。

たぶん設備投資(スマートトレーナー、扇風機、勾配によって自転車の角度が変わる装置、横にマウス・スマホ・飲み物を置けるテーブル)すればするほど楽しくなりそうです。相当お金はかかりそうですが、、

また、何か気づいたら追記いたします。

トレーニングカテゴリの最新記事