ロードバイクのチェーン(シマノCN-HG601)交換

ロードバイクのチェーン(シマノCN-HG601)交換
Pocket

Advertisement

シマノCN-HG601 11S

古いチェーンで4000キロは走ったと思いますので、新しい物に交換いたしました。
交換したのはシマノCN-HG601 11Sで105グレードになります。デュラエースは高いしアルテグラは中途半端だし消耗品は安く済ませたいので105グレードにしました。
デュラエースはピンが中空で一応軽量(-10g)になっているようですが以前使用していたときに汚れがこの穴に入り込んで「汚いし意味ねー。。」ってことでそれ以来購入していません。シマノ的にもどのグレードも素材、構造は同じでSIL-TECコーティングの違いのようです。

SIL-TECコーティングとパーツクリーナーについて

巷でパーツクリーナーでの洗浄はコーティングが剥がれると言われますが、これは本当でしょうか??シマノのマニュアルにもそのような記載はありませんしパーツクリーナー程度で剥がれるようなコーティング雑魚すぎない?
⇒シマノのマニュアル
「チェーンを適切なチェーンクリーナーで定期的に洗浄してください。錆び落とし等のアルカリ性、あるいは酸性の洗浄液は決して使用しないでください。これらを使用するとチェーンが破損し、重傷を負う恐れがあります。」
このような文言はありますが自分はパーツクリーナー等はオイルを落としすぎちゃってぶっ壊れるからダメだよ。という意味で認識していますので普通にパーツクリーナ使ってます。。ただし使用後はよく乾かしジップロックにチェーンとオイルを入れて一晩寝かしてから装着しています。

シマノ チェーン

チェーンの寿命

チェーンの寿命は走り方やメンテナンスの頻度によって大きく変わってくるので一概には言えませんが3000キロ程度となっているようです。
4000キロは大往生といったところでしょうか。。

自分の場合はライド毎に自転車全体を掃除してチェーンもウエスで拭いた後、フィニッシュラインの赤ボトル(ドライタイプ)を注油しています。
わりとチェーンは良い状態をキープしていたと思いますが上のアイキャッチ画像をご覧いただくと新・旧で長さが違いますね。
よくチェーンが伸びると言いますが、これはプレートが伸びるのではなく可動部分のすり減りにより隙間が大きくなったことによるものです。

あと新品のが全体的にグレーががってますが、これがSIL-TEC加工によるもの??
105グレードのSIL-TEC加工はアウターリンクのみなので違いますね。謎です。。

ロードバイク チェーン 伸び

上:NEW、下:OLDです。
このようにチェーンを横方向に曲げると古い方は半円に近いくらい曲がってしまいます、変速時にチェーンがギアに残ってしまいレスポンス悪そうです。
またコマとコマの隙間が大きくなることによりチェーンリングやスプロケの摩耗も早くなり余分な出費が発生してしまいますので、定期的に交換することをお勧めします。

↓クイックリンクタイプですが鬼固いので専用工具が必要です。

自転車機材カテゴリの最新記事